靴ひもを結ぶのはさようなら!磁石で止めるzubits(ズービッツ)

パーキンソン病になると、時間の経過とともに作業がやりにくくなったり、工夫が必要だったりします。

今回はスニーカーに焦点当てて、履いたり脱いだりするのを簡単にするアイテム、zubits(ズービッツ)を紹介します。

スニーカーの靴ひもで悩んでませんか?

パーキンソン病になると、徐々に手先を使う作業が苦手になってきます。特に、靴をはく作業は、太腿から下の筋肉が連携しないとうまくいかないため、靴履くのに薬の効きがいいオンであれば、3分で終了。でも薬の効きが悪いオフでは、靴履き終わるまで30分くらいかかるケースもあります。

また、手先がうまく動かないと靴ひもがうまく結べなかったり、すぐに靴ひもが解けてしまったりと、問題がでやすいです。

靴がパチンで履けて、スポッと脱げる

zubits

スニーカーにzubitsをつけると、何が変わるかと言うと、下記の2点です。

(1)zubitsが磁石になっているのでパチンと止めるだけで楽。

(2)スニーカーの開口部が全開になり、靴の着脱が楽になる

 

 

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

zubitsが磁石になっているのでパチンと止めるだけ

zubits本体は磁石になっているので、靴を足に入れたらパチンと止める。それだけです。zubitsは、磁石の強さが使用用途によって3つに分かれているので、自分が使いたいシーンに合わせて選べます。
磁石の強さは下記の通り。

 Sサイズ重量約15g

ウォーキングや
普段遣いに

Mサイズ重量約20gランニングやジムでの
レッスンに
Lサイズ重量約22g 思いっきりスポーツを
楽しみたい人向け

   

  

  

パーキンソン病当事者が使う場合、オンとオフで身体の状態に差が出るので、Sサイズがおすすめ。ただし、zubitsをくっつけるときに指を挟まないように注意が必要です。

 

スニーカーの開口部が全開になり、足を出入りしやすい

靴ひもにzubitsをつけるだけで、靴が履きにくい時に、紐を解いて開口部を広げて履く動作が要らなくなります。もし、オフになって足の動きが悪い時でも、靴がガバッとあいて通常よりは履きやすくなったり、着脱の時間短縮につながったりするでしょう。

また、オフで靴を履いたり、脱いだりする介助が必要な時でも、無理矢理、力づくで足をいれたり、抜いたりする必要がなくなります。

zubitsはスニーカーをスムーズに履きたい方におすすめです。

商品情報

 販  売 株式会社Zubits Japan
     ( https://zubitsjapan.com/ 

 本体の色 全12色

 参考価格 3500円前後

     zubitsの詳細は、右側の画像からどうぞ。

     *コピー商品にご注意ください。

広告表示

© 2020 Powered by AFFINGER5