zoom会

「ちょっと聞いてよ」会 〜家族編〜

「ちょっと聞いてよ」会を終えて思ったこと。

やっぱりこうやって当事者同士が話す場は必要だな、と言うこと。
誰かが話したことに対して「そうそう」や「わかる」と言う、共感する言葉。
この言葉は終わりの見えないパーキンソン病と闘うには必要なこと。

自分たちでさえ「何でだろう?」と思うことの多いこの病気は誤解を招くことも多々あります。

会を開くことで当事者同士の交流を深め、そこででたリアルを発信(許可を得て)していくことがパーキンソン病を知ってもらう一歩になると思っています。

会への参加とアンケートにご協力してくださりありがとうございました。

広告宣伝

-zoom会

© 2020 Powered by AFFINGER5