" />

未分類

なんで勉強をしなきゃいけないの?

皆さんは「なぜ勉強しないといけないの?」と質問されたら、どう答えますか?

この質問に正解はありませんが、今までの経験を元に勉強嫌いの私が思う「勉強をする理由」をお話しします。

 

 

■私が思う「勉強をする理由」

 

一言で言うと「自分を守るため」
勉強をして沢山知識があると視野が広がります。

それだけで随分人生は変わってきます。

 

 

■もう一人の自分に苦しめられた子供時代

 

いつからかはわからないけど、気付いた時には私の中にもう一人の私がいました。

とても支配的で言うことを聞かなければ、両親が死ぬと脅してきました。
呼吸の仕方、手の洗い方、蛇口の閉め方、布団をめくる角度…
偶然触れた物はもう一度触れる。

思い出しながら書いているけど、改めて普通ではないな。
と感じます。

もちろん当時も感じていたので、誰にも相談できずにいました。
変な人って思われたくなかったから。

 

 

■乗り越えたきっかけ

 

私は高校を卒業し看護学校に進学しました。

相変わらずもう一人の私もいましたが、子供の頃に比べ出てくる頻度は少なくなっていたと思います。

そんなある日、精神科の授業である病名を知りました。

それは「強迫性障害」

私のことだ。
すぐにそう思いました。

これは病気だったの?
私は変じゃなかったんだ。

その瞬間、全身が震えたのを覚えています。

世界が明るく感じ、ずっと背負ってきた重たい荷物を全て下ろし、明るい世界に吸い寄せられる感覚になりました。

看護師になるために得た知識が、長年苦しんでいた症状から救ってくれたのです。

今でも声は聞こえます。
でも言いなりにならなくても大丈夫だと、今の私は知っているので苦しめられることはありません。

 

 

■どう伝えるか

 

これらは経験したからこそ気付けたわけで、「何で勉強しなきゃいけないの?」と漠然と思っている子供たちに伝えるのは難しいですね。

色んなことを知っていると言うことは、何か問題にぶつかった時に解決する方法が沢山あるということ。

色んなことを知るために勉強をしているの。

と、伝えていますが算数の宿題でジュースとお茶が5分の4Lずつあって、ジュースを4分の1L飲むと残ったジュースの量はお茶の量の何倍になりますか?

と言う問題に対し、

「いちいちそんなこと考えながら飲んだりしないわ」と突っ込んでしまった私でした。

 

 

 

 

 

*強迫性障害は病院で診断されたわけではありません。

もしこの記事を読んで、もしかしたら自分もそうかも…と思った方は一度専門家に診てもらうことをおすすめします。

広告宣伝

-未分類

© 2021 Lim ~live my own way~ Powered by AFFINGER5