講演

夢授業②

オフもジスキネジアもそれなりに覚悟をして行った夢授業。

緊張してるつもりなかったけど、話し出すとやっぱりジスキネジア出る出る

「社会起業家」として行ったものの「若年性パーキンソン病」のことも話さないと進まないので、軽く話した。

大半の生徒がジスキネジアを見て目を丸くする中、爆笑したいのを必死に耐える生徒。

メモ用紙に何やら書いて隣の子に見せては、クククッと…

もちろん、そんなこと想定内。

いーよ、いーよ笑って。体勝手に動くから面白いよね。

笑いたくなるのわかるもん。

ただね、しっかり覚えておいて。これがパーキンソン病。

もし大人になった時、私みたいに体が勝手に動いている人を見かけたら「パーキンソン病」かな?と考えてみること。

そしてその人が何か困ってそうだったら、声をかけてあげて。

最後に職業人だけが集まって感想をいう場でも、このことを話した。

先生は一瞬顔を強張らせたけど

それはいいんです。

大切なのはそこからの関わり。

繋げていく教育が大切だと思います。

今の教育現場にそれを求めるのは現状厳しい。

先生たちの負担になるし、やっぱりそこは当事者が動くべきかなと。

子どもの頃から「知る」そしてそれを継続する。

これは長い目でみると障がい者の雇用問題にも関係してくる。

広告宣伝

-講演

© 2020 Powered by AFFINGER5