" />

生理

生理時の「辛い」を少しでも減らすためにしていること①

  生理用ショーツ型ナプキン編

 

少し生々しい内容が含まれるので、苦手な方はご注意ください。

 

子供を寝かしつけていたら、つい寝落ちてしまったと言うことは何度かあるのですが、生理の時の寝落ちは最悪です。

ふと目が覚め
「ハッ」

 

 


と思った瞬間、ドロっとした血が出るのがわかりました。

しかもオフになっていたので起き上がることが難しく、力を入れれば血が出る。

やっと起き上がってフラフラトイレに行き、ナプキンを変えるため下着を脱ぐと血の塊が床に落ちました。

指先も思うように動かないため何をするにも時間がかかる。
「あーもう、情けない…」
床を拭こうにも思うように拭き取ることができず、血を引き伸ばすだけ。

 

片付けは諦め、先にお風呂で体を綺麗にすることにしました。

起きてすぐに薬飲んだから効いて来るはず…

でもこう言う時は薬が効かないもので、体を洗おうと30分ほど格闘したけどもう泣けてきてダメでした。

 

こんな姿、旦那に見られたくないと思って頑張ったけど助けてもらうしかなく、旦那を起こしました。

脱衣所まで持ってきてたスマホで寝ている旦那に電話しました。
(オフの時は必ず近くにスマホを置いておくようにしています)

我が家は寝室→リビング→トイレ→浴室という配置です。

旦那が行くところ行くところ血まみれだったのでホラーだったと思います。

「気付けんでごめん」

そう言った後は看護師という職業柄なのか「血」には慣れているようで驚くほどテキパキとしてくれました。

 

夫婦というより、看護師と患者

 

 

私はこの出来事がきっかけで生理のときは「生理用ショーツ型ナプキン」を履くようにしました。

 

 

実際は生理用ショーツにナプキンを当てて使用しています。

履き心地はほとんど気になりません。
ゴワッと感があるかなと思ったけどそれも気にならず、私にとっては生理の時の必要アイテムになっています。

広告宣伝

-生理
-,

© 2021 Lim ~live my own way~ Powered by AFFINGER5